[埼玉登山] 武川岳(たけかわだけ) 1051.7m 横瀬町/飯能市

武川岳
スポンサーリンク

武川岳の特徴

武川岳は横瀬町と飯能市の境界に穏やかな山容を広げる山で、古くは「根古岳」、「ホウキ岳」と呼ばれていましたが、武甲山の『武』と生川(うぶがわ)の『川』を取って武川岳とされています。

岳という山名がついているものの山容はなだらかで長閑な雰囲気を漂わせる山で、山頂部は広く、ベンチもいくつか置かれていてのんびりと休息を取ることができます。

南側の名栗・奥多摩方面に展望が利き、棒ノ嶺、大岳山が見えます。 また、山頂から妻坂峠方面に少し下ったところにあるカタクリの群落も見所です。

道中は尾根を多く歩くものの、道は広くて歩き易く、谷側からの風が気持ち良く吹き抜けます。

名山選定

関東百名山に選定されています。

武川岳の登山コース

マイカーで名栗げんきプラザ駐車場(無料/開場時間要確認)に停めて武川岳登山口(林業専用道)からの往復。もしくは前武川岳を経由して山伏峠まで下りて駐車場へ戻る周回コースがあります。

その他にもマイカーで武甲山の登山口にある一ノ鳥居駐車場(無料)から妻坂峠を経由しての往復コースもあります。(電車の場合は横瀬駅からタクシーで一ノ鳥居駐車場へ)

標準コースタイムと難易度

名栗げんきプラザ~林業専用道から山頂往復

2時間40分| 難易度★☆☆☆☆

名栗げんきプラザ~山頂~前武川岳周回コース

3時間10分| 難易度★★☆☆☆

一ノ鳥居駐車場から往復コース

2時間25分 | 難易度 ★☆☆☆☆