[埼玉登山]金比羅山(こんぴらさん) 659.6m 飯能市

金毘羅神社
現金毘羅神社
スポンサーリンク

金比羅山の特徴

金比羅山は飯能市にある659.6mの山で、有間ダムのすぐ北側にあります。
登山道は一昔前では名栗湖ネイチャートレイル、現在では奥武蔵ロングトレイルレース105kmのコースとして整備されているため、道迷いの危険性も低く、歩き易い道が続きます。
山頂手前には金毘羅神社の跡があり、山頂からは眺望なく、山頂標識と三等三角点があります。

金比羅山山頂
金比羅山山頂標識
金比羅山山頂広場
金比羅山山頂

金比羅神社跡

金毘羅神社跡
金毘羅神社跡

金毘羅神社は飯能市名栗の河又地区の鎮守で、集落から40分ほど登った山の上の下名栗と上名栗の境の尾根に祀られていました。
住民の一人が四国の金毘羅神社に参拝して御神体を授かり、個人で祀っていたものを地区の鎮守にしたと言われています。
火災により社殿を失い、現在は金毘羅神社跡地として祠が置かれています。
平成15年に集落に近い登山口付近に新しく神社が再建されました。(※上記写真の現金毘羅神社)
また、昭和30年頃までは旧金毘羅神社の近くにオコモリドウ(お籠もり堂)と呼ばれる建物があり、何に使われていたかは不明ですが、賭博を行う場所だったとも言われています。

金比羅山の登山コース

マイカーではさわらびの湯第三駐車場(無料/約80台)に駐車し、蕨山展望台方面へ進みます。
有間ダムの北側尾根沿いを歩き、金毘羅神社跡を経由して金比羅山山頂へ。帰りは往復でさわらびの湯に戻ります。
蕨山方面の尾根道から金比羅山山頂への分岐点は非常に分かり難いので、見落とさないように注意が必要です。

金比羅山山頂から小ヨケノ頭、大ヨケノ頭を経由して藤棚山、蕨山まで歩き、名郷バス停に下りるコース(名郷バス停からはバスでさわらびの湯に戻る)もおすすめです。

バスでは飯能駅(北口)及び東飯能駅から国際興業バスを利用して「ノーラ名栗 さわらびの湯」駅で下車し、蕨山展望台方面に登ります。

標準コースタイムと難易度

さわらびの湯第三駐車場~金毘羅神社跡~金比羅山~金毘羅神社跡~さわらびの湯第三駐車場

2時間30分 | 難易度 ★☆☆☆☆

一緒に登れる埼玉百名山

蕨山 藤棚山